Blog&column
ブログ・コラム

職人の腰道具には何が入っているの?

query_builder 2022/05/15
コラム
40
「鳶職人が付けている腰道具には何が入っているのだろう」と考えたことはありませんか。
これから鳶職人の道を進むにあたり、腰道具の中身が知りたいという方もいらっしゃいますよね。
どんな道具が入っているのか中身を簡単に紹介しますので、ぜひ内容をチェックしてみてください。

▼鳶職人が使っている腰道具とは何?
腰道具とは鳶職人が作業で使用している道具および、その道具を収納しているベルトのことです。
配置により作業効率にも違いが生じるため、鳶職人はそれぞれ独自で工夫しています。

■腰道具の中身
同じ鳶職人であったとしても、作業の内容により使う道具は違うものです。
そこで一般的に使われている腰道具を見てみましょう。

・水平器
・ハンマー
・スケール
・ドライバー
・ラチェットレンチ

未経験からの転職でも心配は不要
未経験からの転職で腰道具に必要なものが分からないとしても、会社が教えてくれるため心配は不要です。
会社によっては必要な道具が支給されることがあります。

▼まとめ
作業内容による違いもあるため、今回紹介した以外にも様々な道具が使われています。
これから鳶職人の仕事を始めようとしているのなら、ぜひ少しずつ使いやすい配置を研究してみてくださいね。
葛飾区の「有限会社眞和建設工業」では正社員での鳶職人募集を行っており、未経験者の応募も歓迎しております。
必要な道具は入社時に支給しており安心ですので、転職をお考えでしたらぜひ弊社への応募をご検討ください。

NEW

  • 江戸川区の現場にて作業!

    query_builder 2021/09/14
  • 鳶がハンマーを持つ理由とは

    query_builder 2022/06/15
  • 職人の作業着にはルールがあるの?

    query_builder 2022/06/01
  • 職人の腰道具には何が入っているの?

    query_builder 2022/05/15

CATEGORY

ARCHIVE